FLAT CREWのモノづくり…

よくご質問をいただきます…

『FLAT CREWってどんなところ?』

ざっくりFLAT CREWのことをを説明させていただくのですが…これまた高確率で反応は「???…」です(笑)主としているフュージングという技法にしても、バーナーワークという技法にしても…そう思うと少数派だなあと感じます。(これが例えば”とんぼ玉”と言うと、認知度はあがると思いますが…)

今回、『FLAT CREWのグラスフュージング』のお話をちょっとだけします。

ものづくりはなんでも基本となりますが、よくあらゆる職種の職人さんがいう、段取り8割から製作がはじまります。…自論なのですが、例えばこれらのお皿や時計などプレートの製作品の場合、完成型、デザインで決めてから、まずはそれに向けてパズルのようにパーツ等を作るということから始まり、例えばベースメントのガラス材に配置や小細工を施したりして、それらのの段取り工程のあと、焼成、加工が待っています。1点1点の案件に合わせる加工が必要となりますので、結局技法の上に成り立ってはいます。…ですが…

FLAT CREWとしては、まずガラスの感覚をある意味持ってない、という一面もあります。なになに風、なになにモチーフ、何年代風、レトロ風…など、”デザインニュアンス”を先に考えてしまうので、逆に”規制の範囲”などがあるとすれば、それを考えてしまうと結果うまくいかない…だからです。それじゃあどうしたらこのニュアンスの場合は表現できるか?…グラスフュージングはそういう範囲にもってこいな内容で研究しがいがある技法だと思います。(結局ガラス技法がっつりです)

こちらでフュージングワークショップは、すごく荒っぽく言ってしまえばガラス材を使って並べていく…感じです。なのですが、ワークショップではどんどん夢中になって、お帰りになる際、『楽しかった〜』と、その大半の方にご感想をいただくことが本当に多いのです。デザインをよりこだわる方ほど『これはむずかしいかも?』と思われる方もいらっしゃいます。それもにこやかに。どちらにしても『ハマる〜!』と楽しんで製作していただいた時は本当にありがたくうれしく思います。

そのデザインにいつの間にかストーリーを持ってしまう…そうして世界に一つのステキな作品となります。そのような技法だなとつくづく思います…

TECHNICAL Information